そろばん塾種村研数舎

指導内容

生徒の年齢・進度に応じて指導します。

◎ 珠算検定試験・暗算検定試験受験指導
◎ 各種珠算・暗算競技指導
◎ 算数基礎学習指導
◎ 漢字指導

1. 珠算(かけ算・わり算・見取算・伝票算・開法※1・応用計算※2)
2. 暗算(かけ暗算・わり暗算・見取暗算)
3. 読上算・読上暗算
4. フラッシュ暗算※3
5. フラッシュかけ暗算
6. フラッシュわり暗算
7. フラッシュ見取暗算
8. 算数基礎学習
9. 漢字

※ 1:開法とは、平方根・立方根を求める計算です。
※ 2:応用計算とは、珠算・暗算で文章問題等を解く種目です。
※ 3:フラッシュ暗算とは、パソコン画面に次々と出てくる数字を暗算で計算するものです。

「そろばん」の究極の技は『暗算』です。珠算式暗算は、熟達すれば、何万・何十万あるいはそれ以上の計算も瞬時にできるようになりますが、それはすぐには無理だとしても、「かけ暗算」を例にとれば、68×6=408これくらいの計算なら、小さい子達でも、そろばんの基本的な操作と九九を覚えれば、「そろばん珠の動きを頭に思い浮かべる」ことによって、紙も鉛筆も使わずに、問題を見ただけで声で答えることができるようになります。
これができるようになれば、次は463×7=3,241 これができるようになれば 68×59=4,012と巾は広がってゆき、暗算検定1級になれば
845×76=64,220このような問題も、何の道具も使わずに声で答えることができるようになります。

「わり暗算」においても、2桁÷1桁から始まって、暗算検定1級になれば、「5桁÷3桁」「5桁÷2桁」を、問題を見ただけで声で答えることができるようになります。

現在、当塾生には70,824÷908=78このような問題を、暗算で3分間に20問以上解ける生徒が多数います。
 
日常、計算を一度も必要としない日は皆無です。珠算式暗算が身につけば、いつも計算機にたよってばかりいる人と比べれば生涯において節約できる時間は膨大です。

種村研数舎では、珠算・暗算検定において上級合格者・有段者が続々と誕生しています。さらに、これらの訓練によって得た能力を、数を扱う他の領域にも役立てることができるように、指導に工夫を凝らしています。

種村研数舎では、暗算力向上のため、
パソコン画面に数字が「パッ、パッ・・・」と表示される
通常のフラッシュ暗算の他、

538
239
106
385
980

このような問題が次々と出てくる「フラッシュ見取暗算」や

49×678=
このような問題が次々と出てくる「フラッシュかけ暗算」、

309,572÷802=
このような問題が次々と出てくる「フラッシュわり暗算」を指導し、それぞれの技能を競う「フラッシュ見取暗算大会」「フラッシュかけ暗算大会」「フラッシュわり暗算大会」を実施し成果を上げています。

●毎月一度、「基礎学力テスト」を実施しています。
このテストはそろばんを使わない20級から十段、さらに特段までの31段階のテストで、そろばん練習で得た計算能力を算数・数学で活かせることを旨としたものです。

●年長さん等小さいお子様には、必要に応じ、数の数え方・数字の書き方から無理のないように指導してまいります。

    【当塾の特色】
◎ 低学年生や幼児にも理解しやすい基礎学習指導
◎ 思考力・応用力を養う授業
◎ 暗算力向上のための指導
◎ アイデアに富む教え方がいっぱい
◎ 各種公式珠算・暗算検定試験
  教室内実施認定塾
◎ 通塾中の事故に対する生徒安全会の見舞制度
◎ 毎月『教室通信』を発行